バリンの効果はどんなもの?

バリンはどんな効果が期待できるのでしょうか?

バリンはあまり馴染みのない名前ですが、必須アミノ酸の一種です。
必須アミノ酸の中でも分岐鎖アミノ酸と呼ばれる成分の中のひとつがバリンで、分岐鎖アミノ酸はBCAAと呼ばれます。
ではバリンはいったいどんな働きをするのでしょうか?

 

BCAAは筋肉をつくるのに大切な成分です。必須アミノ酸は体内で合成できないので、サプリメントや食事などで接種しなくてはいけません。
バリンの効果的な摂取方法やその能力、接種上の注意点などをご紹介しますね。

 

バリンとは?

バリンはそもそも体内で合成することができない、必須アミノ酸の一種です。私たちの体を作っているタンパク質は20種類のアミノ酸からなっています。

 

その20種類のうちの9種類が必須アミノ酸と呼ばれるのですが、体内では合成できないのでサプリメントや食事から摂取しなくてはいけません。

 

バリンは筋肉を作るのに必要な成分で、ロイシンやイソロイシンと合わせて分岐鎖アミノ酸と呼ばれます。
分岐鎖アミノ酸はBCAAとも言われていますが、筋肉で消費される大事なエネルギー源なのです。

 

 

バリンの効果は?

バリンは運動に欠かせない成分で、筋肉の合成やエネルギー代謝を助ける働きを持っています。
BCAAは肝臓ではあまり代謝されずに筋肉で代謝されるので、運動前や運動後に摂取するのがいいといわれています。
筋肉を作るサポートにもなり、また運動で傷ついた筋肉のダメージを軽減してくれる働きを持ちます。

 

また、体の成長を促す効果や血中の窒素のバランスも整えてくれます。
食欲不振の改善にも効果があるので、病気の時や夏バテ時に摂取するのもおススメですよ。
医薬品としてアミノ酸の製剤にも含まれ、貧血や低栄養の時、また手術前後の注射や点滴にも使われているので安全な成分だといえますね。

 

バリンはダイエットにも効果が期待されています。
バリンと共に分岐鎖アミノ酸と呼ばれるのがイソロイシンとロイシンなのですが、この2つとは相乗効果があるのでどちらかと一緒に摂取すると体重の減少に効果的だと言われています。

 

さらにバリンはエラスチンを構成する働きを持っています。
エラスチンには肌のハリを保つ効果があるので女性には嬉しいですね。

 

バリンはサプリメントだけでなく、食事からも摂取できます。
バリンを多く含む食品としては肉類、魚、チーズ、大豆、牛乳、卵などです。

 

タンパク質を多く含む食材がよいのですが、食べ過ぎると体脂肪の増加につながるので気をつけましょう。

 

また、これらの食材と他の食材をバランスよく食べることを心がけましょう。1日3食、バランスよく食べるのが大切です。
食事で接種するのが難しい場合や、筋トレでバリンを必要とされる方にはサプリメントがよいですね。

 

バリンを摂取する時の注意点

バリンだけでなく他のサプリメントにも言えることなのですが、効果を早く出したいがために過剰摂取される方もいると思います。

 

しかしバリンを過剰摂取すると他のアミノ酸とのバランスが崩れてしまい、免疫機能が低下する可能性があるのです。
そうすると風邪をひきやすくなったりするので、バリンの過剰摂取は避けたほうがよいと思われます。

 

また、逆に不足した場合は運動中のエネルギーが足らなくなるので疲労しやすくなります。
普段の食事内容で不足するということはあまり無いのですが、栄養バランスの悪い食事を続けていると不足する場合もあります。

 

必須アミノ酸というのはそれぞれの摂取するバランスが大切で、どこかが崩れると体内での効果が弱まってしまいます。
バリンだけでなく、他のBCAAであるイソロイシンとロイシンを一緒に摂取するのがよいと言われています。

 

まとめ

バリンは必須アミノ酸のうちの一つで、タンパク質を構成しています。

 

バリンは筋肉を作る手助けをしてくれて、また疲れた筋肉のダメージを軽減する働きがあります。
食材にも含まれているのですがバランスよく摂取することが大切です。

関連ページ

BCAAのおすすめの飲み方を紹介します!
BCAAのおすすめの飲み方はコレなんです。
自重トレーニングの頻度はどれくらいがベスト?
自重トレーニングの頻度はどれくらいがベストなのでしょうか?
自宅で大胸筋を鍛えるやり方のコツ
自宅で大胸筋を鍛えるやり方のコツをご紹介
BCAAに副作用はある?徹底検証します!
BCAAに副作用はあるのか徹底的検証します。ぜひチェックしてください。
イソロイシンの効果はどんなものがあるのでしょうか?
イソロイシンの効果はどんなものがあるのか取り上げます。