イソロイシンの効果はどんなものがあるのでしょうか?

イソロイシンはどういった効果があるのか?

イソロイシンとは必須アミノ酸の一つであり、バリン、ロイシンはBCAAに分類されています。
イソロイシンはどんな時に摂取すればいいのでしょうか?

 

イソロイシンの効果はいくつかありますが、他のアミノ酸のように筋肉を作る手助けをしてくれたり、疲労を回復するといったことが主なようです。
では、イソロイシンならではの効果はどのようなものなのでしょうか?
また、その効果を最大限にいかすにはどんな飲み方をすればいいのでしょうか?

 

今回はイソロイシンの効果についてご紹介したいと思います。

 

イソロイシンとは?

そもそもイソロイシンとは必須アミノ酸の一種です。

 

必須アミノ酸は体内で作ることができないので、サプリメントや食事から摂取しなくてはいけません。
イソロイシンは、BCAAとも呼ばれるのですが、BCAAは筋肉を構成するタンパク質の主成分でもあります。
ですのでイソロイシンは筋肉作りに欠かせない成分なのです。

 

イソロイシンは医薬品にも活用されているので、その安全性がうかがえますね。
イソロイシンを含むアミノ酸はアスリートやアーティストの筋肉作りをサポートしてくれます。

 

イソロイシンの効果とは?

まず、イソロイシンを摂取すると疲労回復効果を得ることができます。
イソロイシンはグリコーゲンという成分を貯蔵することができるのですが、グリコーゲンは運動時の大切なエネルギー源なのです。

 

ですのでグリコーゲンが不足すると疲れやすくなってしまうのです。
運動前に、サプリメントで接種したおくと疲れにくく、筋肉を作りやすくなる効果があります。

 

また、イソロイシンは疲労を軽減してくれる効果があります。
疲労は脳にセロトニンという物質が増加することによって起こるのですが、イソロイシンを摂取することでセロトニンを抑制することができるのです。

 

ですのでスポーツドリンクにも配合されています。疲れを軽減するには運動後の摂取がおススメです。

 

イソロイシンには成長を促す効果もあります。イソロイシンを取ると、体の代謝を促進させる甲状腺ホルモンの分泌が促されます。
甲状腺ホルモンは代謝を促進させるので、身長が伸びたり筋肉作りに効果が期待されます。

 

集中力を高める効果もあるので、記録を出したいアスリートにはぴったりです。
集中することで自分の力を最大限に引き出せますから、筋肉作り以外でもイソロイシンの摂取は必要ですね。

 

疲れも軽減してくれて集中力も高まるという点では受験生にもぴったりなサプリメントともいえます。

 

髪の毛や肌の8割はタンパク質でできています。
ですのでイソロイシンを摂取することで髪や肌の潤いを守ることができます。
アミノ酸配合のシャンプーやリンスを見た事があると思うのですが、アミノ酸は刺激が少ないため化粧品にも活用されています。
イソロイシンが不足すると皮膚が炎症してしまうので、肌にも必要な成分といえます。

 

血糖値の上昇を抑える効果もあるので、糖尿病の予防も期待されています。

 

イソロイシンをたくさん含む食事

イソロイシンはサプリメントだけでなく、食事からも摂取することができます。イソロイシンを多く含む食事は鶏肉、鮭、牛乳などです。
イソロイシンが不足するということはないとのですが、BCAAはそれぞれのバランスがよいことで効果を発揮します。

 

バランスが崩れると体重が減少したり、アンモニアが排出されたりします。
バランスのよい食事やサプリメントで効率的にBCAAを摂取することが大切なのです。

 

イソロイシンの摂取は体重1kgに対して20mgです。
過剰に摂取してしまうと肝臓に負担がかかってしまうので、用法、用量をお守りください。

 

まとめ

イソロイシンは必須アミノ酸のうちの1種です。
筋肉作りの手助けをしてくれたり、疲れを軽減してくれたり、集中力を高めたりしてくれます。

 

ですが他のBCAAであるバリンとロイシンとのバランスが大切なので、食事やサプリメントで効率的に摂取していくことが大切です。

関連ページ

BCAAのおすすめの飲み方を紹介します!
BCAAのおすすめの飲み方はコレなんです。
自重トレーニングの頻度はどれくらいがベスト?
自重トレーニングの頻度はどれくらいがベストなのでしょうか?
自宅で大胸筋を鍛えるやり方のコツ
自宅で大胸筋を鍛えるやり方のコツをご紹介
BCAAに副作用はある?徹底検証します!
BCAAに副作用はあるのか徹底的検証します。ぜひチェックしてください。
バリンの効果はどんなもの?
バリンの効果はどんなものでしょうか?