BCAAに副作用はある?徹底検証します!

BCAAは副作用があるのか徹底調査

筋力アップやダイエットに効果が期待できるとされ、今話題となっている成分がBACCです。

 

でも、効果があるって聞くと副作用が心配になりますよね。

 

そこで今回は、BCAAは安全なのか副作用はあるのかを徹底的に検証してみます。

 

BCAAってどんな成分なの?

BCAAは、分岐鎖アミノ酸といい、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の3つの総称です。

 

カラダの中で作ることができない必須アミノ酸であるため、食事などから摂る必要があります。

 

トレーニングや筋トレを行っている人にとっては、たんぱく質は非常に重要です。

 

食事から摂取できるたんぱく質を作っている必須アミノ酸のなかで、BCAAは約半分を占めており、また筋たんぱく質のなかでは、必須アミノ酸の約35%も占めているのです。

 

どちらもかなり高い割合ですから、BCAAは筋力アップには重要な成分といえます。

 

BCAAの副作用は?

BCAAは、アミノ酸です。

 

一般的にサプリメントは栄養機能食品ですから、医薬品とは異なります。

 

あくまで食品という扱いになりますので、一日の目安摂取量を守って飲んでいれば、副作用がでるということはまずありませんので、ご安心ください。

 

BCAAの過剰摂取による副作用

一日の目安摂取量を超えて、BCAAを過剰摂取してしまうと、副作用のような症状がでることがあります。

 

BCAAは、肝臓ではなく直接筋肉で代謝されるので肝臓に負担のかからない成分といわれています。

 

しかしBCAAを過剰摂取してしまうと、すべてのBCAAを筋肉で代謝することができずに、肝臓で代謝してしまうようになってしまいます。

 

これではかなり肝臓に負担がかかってしまい、長く続くと肝機能が低下してしまい大変危険です。

 

また、腎臓にも負担がかかってしまいます。

 

BCAAの過剰摂取によって、肝機能が低下すると本来肝臓で分解されるべき老廃物や毒素が腎臓へ運ばれ、腎臓で分解しないといけなくなりますので、腎臓に負担がかかってしまい、結果腎機能までも低下してしまうのです。

 

BCAAの目安摂取量

BCAAの目安摂取量は、一日あたり2000r〜4000rといわれています。

 

食事からの摂取で、この量を超えてしまうことはほぼないと思われますが、サプリからの摂取だと、少し多めに飲んでしまうとすぐに摂取量をオーバーしてしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

お使いのBCAAサプリの目安摂取量を守り、一日に3〜4回にわけて摂取するとよいでしょう。

 

BCAAはいつ飲むのがおすすめ?

BCAAは、筋肉の分解を抑制・筋肉の合成を促進するという効果がありますので、トレーニングの前・トレーニング中・トレーニング後に摂取するのがおすすめです。

 

このようにトレーニング時に継続してBCAAを取り続けることで、トレーニングの質自体を向上させることができるのです。

 

まとめ

BCAAは、目安摂取量をきちんと守って飲めば副作用がでるということはないので、安心して飲んでいただいて大丈夫です。

 

ただ、適量を超えての過剰摂取をしてしまうと、肝機能・腎機能の低下を招きとても危険です。

 

効果を実感したいからと過剰摂取するのは、絶対にやめましょう!

 

ぜひ、筋力アップに効果的なBCAAを取り入れて、トレーニングを行ってみてくださいね。

関連ページ

BCAAのおすすめの飲み方を紹介します!
BCAAのおすすめの飲み方はコレなんです。
自重トレーニングの頻度はどれくらいがベスト?
自重トレーニングの頻度はどれくらいがベストなのでしょうか?
自宅で大胸筋を鍛えるやり方のコツ
自宅で大胸筋を鍛えるやり方のコツをご紹介
バリンの効果はどんなもの?
バリンの効果はどんなものでしょうか?
イソロイシンの効果はどんなものがあるのでしょうか?
イソロイシンの効果はどんなものがあるのか取り上げます。